女性

整形手術をする前に知っておきたいこと│名古屋の美容外科で変身

  1. ホーム
  2. バレてしまったら

バレてしまったら

レディ

名古屋の美容外科で二重まぶたにしたいと考える女性も多くいます。しかし整形したことはバレたくないという気持ちも強く持っていることでしょう。そんな場合は、とにかくバレないように気をつけるしかありません。名古屋の美容外科で埋没法を受けたのであれば、糸の結び目に気をつけましょう。結び目がもし表面に出ている場合は、うつむき顔にした時や目を閉じた時にバレてしまう危険性があります。また、二重手術に興味がある人で、少し知識を持っているタイプの人にはバレやすいので注意しましょう。埋没法や切開法は最初目が腫れてしまうため、隠すことが難しいです。また、内出血も起きているので、見た人は違和感を覚えます。目の腫れや内出血といえば、美容整形という思考になっている人も少なくありません。ですから、名古屋の美容外科などで二重の施術を受けた後はできるだけ人に会わないようにするのが一番です。腫れや内出血が目立たないレベルにまで引くまでは安静にしておきましょう。ある程度腫れや内出血が引けば、前髪で隠すという方法やメイクでごまかすという方法を使うことができます。仕事場でなければサングラスが重宝します。サングラスであれば、目を直接見ることができないため、気づかれることもありません。もし、質問されてしまった場合は言い訳をしましょう。例えば逆さまつげを言い訳にして、名古屋の美容外科で逆さまつげを改善するためには、二重にするしかなかったといいましょう。決して二重にしたかったわけでなく、ただ逆さまつげで悩んでいたから改善するために二重にしたと言えば相手も納得してくれることでしょう。もしくはアイプチやアイテープにして二重にしているというのも言い訳として使えます。二重がバレてしまった場合は、臨機応変に言い訳を考えやり過ごしましょう。